機会と脅威とは?自社にとっての最適な見つけ方や考え方って?

機会と脅威とは?自社にとっての最適な見つけ方や考え方って?

「機会って何だろ~?脅威って何だろ~?機会と脅威の見つけ方って? (・・;) 」
「機会ってどーやって見つけたらいいんだろ~?普通はどんな見つけ方や考え方をするものなんだろ~?いい方法ってなーんかないものなのかな~??? ( ̄  ̄|||) 」

「自社にとっての脅威は山のようにいっぱい見つかるんだけど、機会がなかなか見つからないんだよね・・・ ヽ(;▽;)ノ 」
「これが自社にとっての機会なのかな?と思っても実は機会でも何でもなかったりするし、ウチみたいに経営資源に乏しい中小企業じゃーたとえ機会を見つけられたとしても活用できそうにないよな・・・ (;´д⊂) 」

などなど、このような声をお聞きすることもあるんですが・・・
フムフムフーム( ´・ω・`)フムフムフーム

んでもって・・・

「三方よしの経営相談」「組織人事戦略(戦略的な組織づくり)」「人材育成戦略(戦略的な人材育成)」「経営に役立つ情報活用(IT活用・ICT活用)」などなどのお手伝いを行なっているからなのか・・・

機会と脅威などについて、悩んだり迷ったりしても決しておかしくはない

んじゃーないかな~???

また・・・

他社にとっての最適な考え方や見つけ方が
自社にとっての最適な考え方や見つけ方とは限らない

んじゃーないかな~???

差別化って観点から考えても・・・

いろんな考え方や見つけ方があったっていい

んじゃーないかな~???
ヾ( ̄ω ̄〃)ノ

なーんて感じることもあるし、それにコレってもしかしたら・・・

などなどにも、ある意味関係するっちゃーする面もあるのかも~???

なーんて感じるコトもあるので、一緒に考えてみません? (^^)
あ、モチロン、「自律的に」という意味で。

ちょっと興味あるかも~?
って言ってくださる方は、お付き合いいただけると嬉しいです。
(^^)/

機会と脅威とは?自社にとっての最適な見つけ方や考え方って?
(パート1)

んーと・・・

経営者の立場の方からお聞きすることもある、例えばこんな声から考えてみるのはどーでしょう?
(。・ω・)b

機会と脅威とは?自社にとっての最適な見つけ方や考え方って?
経営者の立場であるAさんの声

機会と脅威を見つけるのって、なかなか難しいですよね・・・
特に、 自社にとっての機会が・・・

自社にとっての脅威に関しては、コレでもか!ってぐらい山のように見つかるんですけどね。
その一方で、機会となると本当に見つけにくいよなーってよく悩んでいましたよ。

自社の強みや弱みがよくわからないってのならまだわかりますよね。
自社のことであるが故に、どーしても気づきにくいでしょーから。

だから、機会と脅威を見つける方がずっとラクだろうと思い込んでいたんですけどね。
脅威はともかくとして、機会に関しては全然ラクじゃなかったですね。

見つかるのは脅威ばかりで、機会はないのか!?
って、嫌気がさすやらヘコむやらで、機会に関しては本当に見つけられなくて困っていました。

あまりにも脅威ばかり見つかるので、なーんかデジャブみたいなものをふと感じたんですよ。

ああ・・・、コレって自社の弱みばかり見つかって、自社の強みがあまりにも見つけられなくて、嫌気がさして散々ヘコんでいた状況と似ているのかも!?って。

その時にどーしたのかってゆーと、短所をひっくり返したら長所とも言うよなーって思いっきり開き直って、自社の強みらしきものをようやく見つけられたんですけどね。

で、機会に関しても似たようなことをやってみたんですよ。

と言っても、脅威を単純にひっくり返せば機会になるってものでもないので、もう少し工夫が必要でしたけど。

考えてみたら、自社が脅威と思い込んでいることだって、他社は機会ととらえている場合だってありますもんね。

その逆もあるんじゃーないかと。
たとえそれが、同じ業界であったとしても。

そう考えると、視点を変えて考えてみるとか、発想の転換とかって大事なのかもしれませんよね。

機会と脅威とは?自社にとっての最適な見つけ方や考え方って?
経営者の立場であるBさんの声

機会と脅威を見つけるのって、意外と難しいものですよね・・・
特に、自社にとっての機会が・・・

機会と脅威を探してみたら、見つかるのは脅威ばかりで泣きそうになりましたよ。
ただでさえ経営環境の変化が激しくて先行き不透明な状況のに、その上、こんなに脅威だらけの状況って・・・

この先、どーやって生き残って行ったらいいのやら・・・!?
どんな経営戦略を立てたらいいのやら・・・!?

って、途方に暮れていたぐらいでした。

機会を見つけようとすればするほど、脅威ばかり見つかってしまうので、何度も心が折れそうになりましたよ。
これじゃー、経営戦略を立てるどころじゃないよなー・・・って。

そんな時に、ふと気づいて考えてみたんです。

なーんか、機会と脅威を見つけることそのものが目的化しちゃってるんじゃないか!?
そもそも、機会と脅威を見つけることも、経営戦略を立てることも、目的にはなり得ないよなー。

何のために、機会と脅威を見つけたいんだろーか?
誰のために、機会と脅威を見つけたいんだろーか?

何のために、経営戦略を立てるんだろーか?
誰のために、経営戦略を立てるんだろーか?

って。
で、思ったんです。

機会が見つかるのがモチロン理想なんだけど、脅威が見つかっただけでも儲けものなんじゃないのか?
自社にとっての機会と脅威を見つけようとしていなければ、脅威すら見つけることができなかったんだし。

業界ナンバーワンを目指しているわけでもなければ、大儲けして大企業になりたいわけでもないんだから、経営戦略を立てるにしても、差別化戦略を目指すにしても、完璧に立てようとしなくてもいいんじゃないのか?

どーせ、SWOT分析をやってみるのは初めてなんだし。
まともに経営戦略を立てるのも初めてなんだし。

最初っから上手く行くって考える方が、おかしいのでは?
むしろ、何度も失敗して失敗から学ぶチャンスととらえた方がいいのでは?

それだったら、すぐに活用できるものからとりあえず活用してみてもいいのでは?
でないと、もったいないのでは?

とりあえず脅威だけでも一応見つかっているんだから、まずはその脅威だけでも活用する方向で考え始めた方がいいのでは?

脅威だー!脅威だー!ああどーしよー!?とボヤいているだけでは、何も変わらないだろーし。
何もしていないよりは、精神衛生上もいいだろーし。

って。

だって、よく言いますよね。
脅威はなるべく避けるべしって。

なので、まずは見つけた脅威をなるべく避けるためにはどーしたらいいのかって観点から、経営戦略を考えてみることにしたんですよ。
コレって経営戦略って言えるのかな~???などと思いつつ・・・

だけど、なーんにもしなければ脅威に飲み込まれてしまうだけだし、事業継続の危機に陥ってからあたふたしたくありませんから、コレだって立派な経営戦略だ!って開き直っちゃうことにしたんですよ。

そーやって走りながら考えて行くうちに、気づくことがいっぱいありましたね。

例えば、脅威だと思い込んでいたことが、実は脅威でも何でもなかったとか。
むしろ、視点を変えて考えてみたら、実は機会にもなり得る場合もあったりとか。

それでも、コレばかりはいくらなんでも脅威だよなー、何をどーやっても避けられそうにない脅威だよなーってこともたくさんありましたけどね。
何をどーやっても避けられそうにない脅威だからこそナントカせねば!って、前向きな気持ちにも逆になりましたけど。

なぜコレが自社にとっての脅威になっているのかって考えてみたら、ああ・・・、そーか・・・、そーゆーことだったのか・・・って気づかされましたし。

SWOT分析って、強み・弱み・機会・脅威のセットになっていますよね。
それまで、どーしてSWOT分析が強み・弱み・機会・脅威のセットになっているのかって考えたこともなかったんですけどね。

だけど、何度も何度も失敗をして試行錯誤しながら考えて行くうちに、SWOT分析がナゼ、強み・弱み・機会・脅威のセットになっているのかってことも少しわかったような気がしましたよ。

「失敗から学ぶ」って、改めて大事だなーって感じましたね。

機会と脅威とは?自社にとっての最適な見つけ方や考え方って?
経営者の立場であるCさんの声

機会と脅威を見つけるのって、結構難しいですよね。
脅威はたくさん見つかるんですけど、自社にとっての機会が本当に見つけられなくて苦労しましたよ。

そこで、

なーんでこんなに、自社にとっての機会を見つけるのが難しいんだろ~???
自社にとっての脅威ばかりが、どーして見つかるんだろ~???

って、考えてみたんですよ。
そしたら、気づいたことがあるんです。

そのうちのひとつが、自社の強みと弱みをロクに把握しようとしていなかったからってことなんですけどね。

そもそも、中小零細企業で経営資源にも乏しいから、弱みばかりで強みなんかないって思っていましたし。
強みなんかどーせないんだから、強みを見つけようとするだけムダ!って思っていたぐらいでしたし。

弱みばかりだと思い込んでいたから、脅威だらけだと感じてしまっていたのかもしれません。

ですので、これもいいきっかけだろうと思って、自社の強みと弱みもちゃんと把握してみることにしたんですよ。
もしかしたら、まだ見つかっていない機会と脅威もついでに見つかるかも?って思って。

で、自社の強みと弱みを考えて行くうちに煮詰まって来たり嫌気がさして来たりした時には、自社にとっての機会と脅威を考えてみたりってことをやってみたんです。
機会と脅威について考えるのがイヤになったら、強みと弱みを考えていました。

それでも煮詰まったり嫌気がさして来た時には、強みと機会について同時進行で考えてみたり。
弱みと脅威について同時進行で考えてみたり。

これを何度か繰り返して行くうちに、気づいたことがたくさんあるんです。

例えば、SWOT分析についてある程度わかっているつもりだったけど、実は全然理解できていなかったこととか。
SWOT分析が強み・弱み・機会・脅威のセットになっている理由とか。

そーですよね・・・、強み・弱み・機会・脅威をバラバラに考えていたんじゃー、SWOT分析をやる意味がありませんよね。
強み・弱み・機会・脅威のセットなんですから。

他にも気づいたことがたくさんありましたよ。
「急がば回れ」とは、よく言ったものなのかもしれませんよね。

機会と脅威とは?自社にとっての最適な見つけ方や考え方って?
経営者の立場であるDさんの声

機会と脅威を見つけるのって、なかなか難しいものですよね。
そーゆー私も、何度か挫折しそうになりましたよ。

生真面目な方とは思うけど、元々がずぼらな性格で飽き性なので、イヤになった時とか煮詰まった時とかは、さっさと放置しちゃいましたけどね。

どっちにしても、毎日クソ忙しいからそればっかやっていられませんし、経営者としての仕事とか役割とか、やることが山のようにあることですし。
ある意味、それが良かったのかもしれません。

そーやって、気が向いた時にまた再開して、何度も失敗を繰り返して試行錯誤しながらやって行くうちに、

ああ・・・、そーか・・・
そーゆーことだったのかー、ナルホドなー

って、感じることも発見できたように思うんです。

実際にやってみなきゃわからないことって、意外とたくさんあるんだなーって。
それに、最初から何もかも完璧にやらなきゃいけないって思い込むのも危険だなーって。

そもそもSWOT分析って、強み・弱み・機会・脅威の4つがセットになっていますよね。
だけど、まずは2つをセットにしてとりあえず考えてみるのもアリなのかな?って思うようになりましたよ。

例えば、「強みを機会に投入」って言いますよね。
だったら、強みと機会の2つをセットとして考えて、強みと機会のどちらかをまずは見つけてみてもいいのかも?ってことなんですけどね。

強みがもし先に見つかったら、その強みを活かせそうな機会を探してみてもいいでしょーし。
機会がもし先に見つかったら、その機会を活かせそうな強みを探してみてもいいでしょーし。

そーやって考えてみても煮詰まったら、今度は強みと脅威の2つをセットとして考えてみるのもアリでしょーし。

と言っても、私の場合は、強みがなかなか見つけられなかったので、コレはすぐに放り投げちゃいましたけどね。
脅威に対抗できるほどの強みなんて、そう簡単に見つかるとは思えませんし。

どれとどれをセットにしたら考えやすいのかは人にもよるし、会社の状況にもよるとは思うんですけど、私が比較的やりやすいと感じたのは、弱みと脅威をセットにして考えてみた時でした。

自慢じゃないけど、自社の弱みと思っていたものが山のようにありましたから。
それに、脅威につい感じてしまうものも山のようにありましたから。

で、それぞれの弱みとそれぞれの脅威を照らし合わせて考えてみたんですよ。

避けられる脅威であれば避けたいですし。
どーやっても避けられない脅威が弱みと結びついてしまうと、マジで事業存続の危機に陥ってしまいますから。

そもそも、問題が全くない会社なんて存在しませんよね。
どんなに順風満帆な会社であったとしてしても。

そうは言っても、全ての問題に対応するなんて経済的にも時間的にも体力的にも不可能ですし、かと言って問題を放置していたらますます大きな問題になってしまって、土壇場になって大慌てで対処したらもぐら叩き状態になってしまいますよね。

ですから、問題解決の優先順位付けのためにも、脅威が弱みと結びついてしまう前に手を打ちたいと思ってやってみたんですよ。

試行錯誤はかなりしたけど、そのお陰で収穫が結構ありましたよ。
やってみて良かったと思います。

確かに弱みはたくさんあるけど、脅威とすぐに結びついてしまうほどの弱みは、意外とそれ程多くないのかも?
弱みは弱みではあるものの、時間的にはまだ少しは余裕があるのかも?

今のうちから改善するなりしておけば、弱みではなくなる可能性だってあるのかも?
もしかしたら、強みに変えることだってできるのかも?

って、感じられるようになりましたし。
不安だらけだったけど、ほんの少しだけ安心できたってゆーか。

それに、試行錯誤の過程で機会を活かせそうな強みもひょんなことから見つけることができたんですよ。

きっかけは、従業員が何気なくボソっと一言言った言葉だったんですけどね。
うぉー・・・、ソレは盲点だったよなー、そーゆー視点って自分にはなかったよなーって気づかされましたよ。

独りで悶々と考え込んでいらダメだなーって、つくづく思いましたね。
従業員に納得してもらうためにも。

そもそもの話、いくら経営計画を立てても、それを実行するのは従業員なんですから。
実行してもらえなければ絵に描いた餅でしかありませんし、経営計画を立てる意味もありませんからね。

機会と脅威とは?自社にとっての最適な見つけ方や考え方って?
(パート2)

んでもって・・・

こんなのからも、一応念のために考えてみるのはどーでしょう?
(〃⌒∇⌒)ゞ

脅威とは?

コトバンク
強い力や勢いでおびやかすこと。
また、おびやかされて感じる恐ろしさ。

機会とは?

goo辞書
事をするのに最も都合のよい時機。
ちょうどよい折。
チャンス。

機会と脅威とは?自社にとっての最適な見つけ方や考え方って?
(パート3)

うーむ・・・
どっ・・・、どーでしょう???

「そっ・・・、そーだったのかー! ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!! 」
「だからかー!!だからだったのかー!! ヾ(.;.;゜Д゜)ノ 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「げっ・・・、SWOT分析ってそーゆーコトだったの??? \( ̄▽ ̄;)/ 」
「どーりで、いくら探しても強みや機会が見つからなかったわけだわ・・・ (;・∀・) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「そっかー、だよねだよねー、「物は考えよう」って言うもんね~っっ♪失敗から学ばないともったいないもんね~っっ♪ ヾ(´∀`)ノ 」
「「ピンチをチャンスに変える」ってこーゆーことなのかもな~っっ♪失敗すればするほど試行錯誤すればするほど、新たな経営資源も増えるのかも~っっ♪ ρ(⌒-⌒。)ノ 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「ってコトはだよ・・・、アレをあーして、コレをこーして・・・ ((φ( ̄Д ̄ ) 」
「弱みと脅威だらけだと思っていたけど、今まで気づいていなかった強みと機会って意外とあるのかも~ d(⌒ー⌒) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「ナルホド・・・、ちょっぴりわかった気がするかも・・・ ヽ(´ー`)ノ 」
「あ、なーんだー、そーだったんだ~ (〃▽〃) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「わかったよーなわからんよーな・・・ ( ̄д ̄;) 」
「やっぱ、頭がウニ状態じゃー!よくわからーん! \(  ̄曲 ̄)/ 」

という方も、いらっしゃるんじゃーないでしょうか?

他にも、例えば・・・

などなども含めると、いろんな意味で考えさせられちゃいません? (^^)

ふーむ・・・、こーやって考えてみると・・・

まだ見えていないだけで・・・

意外なところにヒントがいっぱい溢れている
おお~っ ━━━━ヽ(゜Д゜)ノ━━━━ 見っけ~♪

のかも~???

なーんて、感じません?
(〃▽〃)

どっ・・・、どうでしょう???
皆さまは、どう思われますか?

 

にほんブログ村 経営ブログへ

 

ネクストストラテジーによる三方よしの経営相談・経営支援へ

【追伸1】
「・・・で、答えは何なのさ??? ヽ(;▽;)ノ 」と思った方へ

よろしければ、以下の記事も見てやっていただけると嬉しいです。
(^^)

【追伸2】
「三方よしって何さ??? ヽ(`⌒´メ)ノ 」と思った方へ

よろしければ以下のページも見てやってもらえると嬉しいです。
(⌒人⌒)

三方よしとは?

コメント